ハーモニックを探しやすく一覧にしています

私のハーモニック取引手法

どうも、こんにちは。

まんまです(^^)

 

お昼に会社の人たちと、火鍋の話題で盛り上がりました。

よく鍋が2つに分かれているのですね。

本場の味を食べたことがありますが、

唇がたらこみたいに腫れたことがあります(T_T)

 

今回は、私のハーモニックの取引手法について紹介しますね。

使っている有料のハーモニックはこちらです。

→ここから申し込みができます。

 

このハーモニックは、形を検知すると紫色のチョウチョの形とフィボナッチを引いてくれます。

チョウチョが出たあとのフィボナッチと損切りラインの説明です

黄色のがフィボナッチですね。

チョウチョが出るのと同時に表示されます。

画像の損切りラインと書かれているところに赤い線があります。

(画像をクリックすると大きくなりますので確認してみてください。)

ここに、損切りラインを引いてしまいます。

利確ラインですがフィボナッチの38.2の手前辺りに引きます。

これであとは放置です(^^)

簡単でしょ♪

利確ラインと損切りラインの説明です

注意点としては、5分足でハーモニックが出た時は、

当たらないことが多いので、他の時間足がどうなっているのかを必ず確認したほうがいいのかなって思います。

時間が長い足の方が精度が高いです。

あと、トレンドがどちらかをしっかり見極めるのも大切です。

トレンドに沿った向きなら38.2まで狙いますし、

トレンドに逆らっている場合は、トレードしないか、

入っても早めに利確してしまうほうが良いかなって思います。

38.2まで届かない場合の画像です

これは、38.2まで届いていませんね。

大体38.2の半分くらいか、その手前でしょうか。

意外とこういうパターンも多いんですよね(^_^;)

 

だから、まずまず行けそうって時は、2ポジ持っちゃいます!

1ポジは、38.2の半分あたりかその手前でサクッと利確して、

残りを損切りラインを買ったところまで上げて(建値ですね)

利確を38.2ちょっと手前くらいにしておく。

これで、どっちに転んでもプラス\(^o^)/

いいでしょ♫

ではでは~

関連記事

  1. たなか

    画像だとすごいたくさんウィンドウを開いているようですが、
    このハーモニックは通貨ペアはどれでも使用できるんですか?(?_?)

    • manma

      そうですね
      どれでも通用するので、開けるだけ開いて、チャンスを探していますよ(*^^*)

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。