JPN_Time_SubZeroでMT4に日本時間を表示する方法

どうも、こんにちは

まんまです(^^)

 

今日は、MT4に日本時間を表示させる方法を紹介します。

MT4を使い始めると、日本時間ではないので使いづらいってことがよくあります。

頭の中で時差を計算して・・なんていうものいいけど、

それだとサクッとわからないんですよね。。

そんな時便利なのが「JPN_Time_SubZero」です。

ダウンロードはこちらからしてください

 

ダウンロードが終わったら、

解凍→JPN_Time_SubZero.mq4をコピーしてください。

MT4の左上のファイル→データフォルダを開く→MQL4→indicatorsを開き、中に貼り付けてください。

その後、MT4を再起動→左上の星みたいなマーク(ナビゲーター)をクリック→

インジケータをクリックすると、JPN_Time_SubZeroを見つけることができると思います。

(ナビゲーターの中はabc順になっていますので、Jのところを見てください)

 

表示させたいチャートを表示させてから、JPN_Time_SubZeroをダブルクリックして、

何も設定もせずにOKを押すとこんな感じになります。

下の枠が増えたけど、何も見えないですよね。。

でも、よく見ると時間が出ています(^_^;)

色が茶色なのでとっても見づらい。。

だから設定を変えます。

チャートのなにもないところで右クリック→表示中のインジケータをクリック→

設定画面が出ますので、JPN_Time_SubZeroをダブルクリック。

パラメーターの入力を見てもらって、

 

こんな感じに変更します。

色はやっぱり白が見やすいかなって思います。

背景が白色のチャートなどを使っている場合は、好みの色にしてくださいね!

は時間の文字の大きさを表しています。

下記の画像は12になっています。

記事タイトルの上にある画像の大きさが20です。

見やすい大きさに設定してくださいね!

すると~

こんな感じに、下の方に日本時間が表示されます。

これなら、見てすぐに分かりますね(*^^*)

 

さらに設定をいじると、日にちや月、年、グリッド等色々表示できます。

例えば、日にちとグリッドを表示させるとこんな感じ

こんな感じになります。

時間の前の27や28が日にちになります。

これならもう時間で迷いが生じることはないですよね(*^^*)

ただ注意点として、週末のFXが動いていない時間は、1時間ずれて表示されるので注意してくださいね。

でも、ちゃんと月曜日に動き出せば元に戻りますので大丈夫です(^^)

ではでは~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。